女性の顔の産毛対策!正しいケアとやってはイケないこと

女性は顔の産毛を自分なりに処理していると思いますが、処理しないままだと思うようなメイクを目指す事が出来ませんし、実際に化粧のノリも違ってきます。特に鼻の下のムダ毛や余分な眉毛は見た目の女子力が下がってしまうから剃っているという人が多いようです。

その他の薄い産毛を剃る必要性はあるのでしょうか。剃るという人は頬やフェイスラインが気になってしまうという事で、剃ることにより外見の美しさをアップさせることが出来るのです。

顔の産毛処理のメリットとしては、化粧のノリを良くすることが出来る、日中メイクの崩れにくくなり、肌と化粧品の密着度があがります。また、肌の明るさが上がり、肌の水分量と油分が上がって1トーン明るく見えるようになります。

ニキビ予防にも効果があり、皮脂や汗などの汚れが産毛に絡みつき毛穴を詰まらせることがニキビや吹き出物のの原因の一つになっています。肌触りをソフトにすることが出来て、化粧水や乳液の浸透力がアップするので顔剃りのメリットを感じることが出来ます。

更に透明感を出す事が出来て、剃毛の際、古い角質もはがれるので肌の透明感を増す事が出来ます。

顔そりは大切になってきますが、何よりも大切なことは、ムダ毛処理のタイミングと方法です。産毛を処理した直後の肌は非常に敏感になっている状態です。朝の顔剃りは、紫外線や化粧品によりダメージを増大させてしまうので控えるようにしましょう。
ベストなタイミングとしては毛穴を開かせて、肌が柔らかくなっている入浴後がお勧めできます。洗顔後に2分~3分程度蒸しタオルを顔にのせてから行いようにするのが一番お勧めできます。

注意点としては、メイクをした状態で産毛を剃るのは、厳禁です。雑菌が毛穴や傷に侵入する危険性がありますので避けるようにしましょう。

剃り方の基本ですが、明るい場所で鏡を見ながら行っていくようにしましょう。化粧水で肌にたっぷり潤いを与えて、毛流れに沿ってカミソリで産毛を剃っていきます。基本的には上から下に向かって剃るようにしましょう。

剃る際には、何よりも同じ場所を何度も剃るのではなく、カミソリを滑らせるように沿っていくようにしましょう。肌が乾いたらクリームを塗って肌に負担を与えないように沿って行くようにしましょう。

顔を剃る際にやってはいけない事ですが、何よりも丁寧な保湿を行うように意識する事が大切になってきます。石けんや洗顔料をクリームの代わりに使う事により、肌を守る角質まで剃り落としてしまうので注意しましょう。

お風呂で剃る場合には、照明が暗いと思いますが、何よりも肌を傷つけないためには、明るい部屋で鏡をおいて剃る必要があります。お風呂で産毛を剃っている場合には、湿気の多いところにカミソリを置きっぱなしにしてしまうのですが、サビや雑菌繁殖の原因になりますので、ダメです。

産毛を剃る際には、毛の流れに逆らって剃っているという人も多いと思いますが、その結果、必要な角質まで失ってしまい、肌に刃が引っかかってけがをしてしまうっ危険性もあります。

更に女性は、生理中に顔そりをすることにより、肌荒れを起こしてしまいやすいと言われています。体調不良時は肌が非常に敏感になっているのでカミソリ負けなどをすることもあります。生理中の顔そりは控えるようにしましょう。

顔の産毛はそこまで目立つわけではないので毎日剃る必要はありません。2週間~3週間に1度のペースで剃るようにしましょう。気になる部分のヒゲに関しても1週間に一度程度で抑えるようにしましょう。

実際に毎日剃っていると肌に負担をかけてしまいますので、定期的に剃る必要がありますが、肌を守りながら最大の効果を手に入れるようにしましょう。

女なら、髭剃りはまだするな!